ケース等教材ダウンロードサイト (プロトタイプ)

WBS科学技術とアントレプレナーシップ研究部会のメンバーの研究活動として執筆したケース等教材を公開しています。このサイトの運用自体が、ケース等教材を普及させていくための最適なライセンス形態の実証実験の研究でもあります。
このケース等教材を利用する際には、「ケース等教材・ライセンス」をご覧下さい。
Case001:JINSのアメリカ進出戦略
オールインワンプライス制を掲げた低価格メガネチェーン店JINSを展開する株式会社ジンズ(以下JINS)は、2013年よりアメリカ合衆国への進出を計画し、人口密度の高いニューヨーク州またはカリフォルニア州を皮切りに、30分でメガネができあがる、低価格かつ手軽に購入できるゆえにオケージョンに応じてメガネを楽しめる、また日本で累計500万本を販売しているパソコン用メガネJINS SCREENをはじめとする「革新的なメガネ」というコアバリューを提供するべく、実店舗中心の事業展開を計画している。
Case002: 社会科学の研究法 with デザイン思考:ビジネススクール編:ワークシート
ビジネススクールで扱う修士論文のテーマを策定する際には、「デザイン思考」の手法を活用することが有益である。スタンフォード大学d.schoolが策定したResearc as Design Workshopのワークシートをベースに、筆者らの修士論文の経験を加味したワークシートとなっている。
Case003: サンディエゴ・エコシステム 2018
近年、日本からサンディエゴへの訪問者が増えている。サンディエゴは世界有数の大学を基盤としたエコシステムの成功事例であり、日本からの訪問者は多様なビジネスチャンスを求めている。そもそもエコシステムとはどういう概念なのか、そしてサンディエゴ・エコシステムをどのように理解し、どのように活用すれば良いのだろうか。
Case004: Global Catalyst Partners Japan によるオープン・イノベーションの促進(A)
SSIプログラムは、GCPJが企業に代わって新規事業用ベンチャーへの出資と経営支援を行う仕組みである。GCPJがベンチャーへの投資責任をもち、企業からの出向者にベンチャー経営の実践の場を経験させることで、起業人材が育ちにくい日本企業ならではの課題を解決し、大企業のオープン・イノベーションを促す仕組みを目指している。既にいくつかの実績はできているものの、このモデルが社会全体に受け入れられていくためにはまだまだ事例が少なく、ビジネススクールとどのような連携をしていけるかも探りたいと考えていた。
Case005: サイエンティスト冨田勝
2019年9月、冨田勝は自身4つ目の博士号となる博士(政策・メディア)の学位授与式に参列していた。冨田は専門であるコンピュータサイエンスと生物学を融合させた学際領域で新たな研究を始めるにあたり、コンピュータ・サイエンス、工学の博士号に加えて、医学の博士号も取得していた。これは学際領域のそれぞれの博士号を持つ専門家として指導することで、学生に不安を与えないという配慮に基づくものであった。 鶴岡の地で全く新しい研究所を立ち上げてから20年が経とうとしている。これまでも画期的な研究成果を国際学会で発表し、有名な雑誌に論文を掲載してきた。優秀な学生たちを育てて送り出し、大学の研究所所長としての役割は十分果たしてきた。しかし、山形県や鶴岡市、地域の中小企業経営者や高校生たちと接していく中で、地域を発展させていくには社会的課題が山積していることを実感するようになった。鶴岡を活性化させるために自分に何が出来るか。冨田は4つ目の博士を取得する決意をし、「鶴岡サイエンスパークの創造と地方創生」という博士論文をまとめた。冨田は4つ目の博士号と共に、研究所で育んできたイノベーション実現の組織文化を地方創生につなげる方策に知恵を絞っていた。