[ STE Relay Column : Narratives 110]
藤枝 大海「zenschool~夢と現実の狭間で苦闘する~」

藤枝 大海 / 早稲田大学大学院経営管理研究科 

[プロフィール]1994年大阪府東大阪市生まれ。京都大学工学部を卒業後、自動車部品メーカーに入社。社内では生産管理業務とTPS(トヨタ生産方式)導入PJに従事。2020年4月にWBSへ入学し牧ゼミに所属。趣味は外食、ゲーム。最近はゴルフと麻雀に凝っている。

 
 

・挨拶
こんにちは、WBS全日制グローバルM1の藤枝と申します。現在WBSは夏季休暇に突入していますが、牧ゼミでは休暇期間にも様々な活動をおこなっています。 “zenschool”もその活動のなかの一つでした。

 

・WBS入学前の自分
私は昨年まで承継予定企業の取引先に勤務しておりました。自動車部品を生産するその会社はとにかく保守的で、取引先からは「御社は石橋を叩いて渡らない」と言われるほどでした。2年目で自身がTPS(トヨタ生産方式)導入PJに携わると、その言葉の意味を痛感することになります。現場から管理職までとにかく変化を嫌うのです。私は劇的に変化する自動車業界と、保守的な企業の内部環境との間に大きなギャップを感じました。こうした経験がWBS入学の動機となりました。

 

・変化には夢が大事!
HILLTOPの副社長山本昌作氏が著書“遊ぶ鉄工所”で「夢を持つと道が開けてくる」と指摘しているように、何かを変える時は現実を起点にするより夢を起点にした方が効率的です。現実を基軸にすると、現状を否定するような大きな変革ができなくなります。そのためアントレにおいては、“儲かるか”よりも“ワクワク感”が大事になってくるでしょう。

 

・牧ゼミはワクワクがいっぱい
牧ゼミに入ってから、自分の知らない世界を見る機会が増えました。毎日が未知の世界と触れるワクワクの連続です。周囲のゼミ生も進取の気質が強く、刺激をもらうことも多いです。

 

・それでも現実に引っ張られる
そんな中先日、宇都宮さんと三木さんが主催する“zenschool”(URL: https://www.zenschool.jp/)を受講しました。VRを介して瞑想トレーニングを実施し、瞑想を通して子供の頃に本当に好きだったことを呼び起こす・・これだけでもワクワクする字面ですが、このセッションの一番のポイントは夢と現実を擦り合わせながら、ワクワクを現実のものにするということです。しかし実際にやってみると現実が凄く邪魔をします。例えば「〇〇が好きだけど、自分の会社の資源では実現は難しいな」とか、「〇〇は好きだったけど、自分のビジネスとは関係ないな」など、無意識のうちにワクワクすることを現実が潰してしまっているのです。

 

・zenschoolから得られた収穫
zenschoolは沢山の気づきを与えてくれました。先程述べた夢と現実もその一つで、自分の頭ではイノベーティブに考えているつもりでも、深層心理では保守的に考えていることを宇都宮さんや三木さんとの“対話”を通じて気付かされました。“対話”ではこうした自分でも気づいていない自分の一面がすんなり出てきます。

 

・収穫を活かして
今まで自分は心には蓋をして、頭で考えることを是としてきました。しかし今回のzenschoolを通じて、大事なのは自分の心と向き合い折り合いをつけることだと感じます。自分の心に正直に生きて、ワクワクするものを見つけていこうと思います。秋学期ではいよいよ対面ゼミも一部復活する見込みです。夢と現実の狭間で揺れ動きながら、残り1年半の牧ゼミライフを楽しんでいきます。

以上

 


次回の更新は9月25日(金)に行います。